アフターピルで避妊する|性交後72時間以内の服用が避妊成功の秘訣

妊娠

購入する際の注意点

医者

避妊に失敗してしまった、コンドームを使用せずに性行為をしてしまったなどの際は、東京でアフターピルを服用すれば妊娠のリスクを抑えることができます。服用するタイミングと購入方法をきちんと守りましょう。

詳しく見る

副作用

医療機関

東京の産婦人科では「緊急避妊薬」とも呼ばているアフターピルは、種類によっては副作用が生じる場合があります。吐き気や頭痛などの副作用が主ですが、服用から2時間以内に嘔吐してしまわないように注意しましょう。

詳しく見る

産婦人科選び

妊婦

東京にある産婦人科でアフターピルを処方してもらう場合は、自分に適した産婦人科を見つけましょう。中には女性限定やプライバシーに特化した産婦人科、その場でアフターピルが服用できるクリニックなどがあります。

詳しく見る

妊娠を望んでいないなら

評判の聖ローザクリニックについて知りたいならこちらのサイトを参考にしましょう。詳しい口コミとともに紹介していますよ。

多くの人が訪れている医院がこちらにありますよ。不妊治療は大阪で展開されています。多くの実績を持っているので高い信頼が寄せられていますよ。

相談

妊娠を望んでいないにも関わらず、避妊に失敗してしまったという人は、産婦人科でアフターピルを処方してもらうと適切です。アフターピルによっては副作用があるものもあるので、服用する際は充分注意しましょう。副作用は主に、吐き気や頭痛、嘔吐などが挙げられます。また、服用から2時間以内に嘔吐してしまうと避妊効果が薄まってしまうので注意が必要です。その他にも、胸が貼ったり、体重が増加したりとさまざまな副作用が生じます。アフターピルは主に女性ホルモンをコントロールして受精卵の着床を防ぐものなので、ホルモンバランスが崩れこのような副作用が生じます。中には副作用が少ないアフターピルもあるので、自分に適したアフターピルを服用しましょう。その際、医師の診断に正しく従うためにも、産婦人科で処方してもらいましょう。通販サイトなどで購入する際は、成分表記などに注意する必要があります。

アフターピルを処方してもらう際、産婦人科によってアフターピルの料金などが異なります。自分に適した産婦人科を見つけたい人は、ランキングサイトや口コミサイトを活用すると適切です。置いてあるアフターピルの種類は産婦人科によって異なるため、事前に問い合わせする方法も適しています。産婦人科の中には女性限定のクリニックや、プライバシーに特化したクリニック、中にはアフターピルを服用してから体内に成分が定着するまでクリニック内で安静にすることができるクリニックなどもあります。自分に適した産婦人科を見つけ、アフターピルを処方してもらうことでストレスや不安を軽減でき、避妊効果を高めることができるといえます。アフターピルを服用するタイミングは、性交後72時間以内だといわれています。避妊に失敗した、受精の危険性があると判断した場合はすぐに産婦人科でアフターピルを処方してもらいましょう。

ストレスでも起こる無精子症は早期治療で改善します。治療事例のあるクリニックなら患者に合わせて対処してくれます。

自然に妊娠したいなら、不妊を鍼灸院で治療すると良いでしょう。女性の体調改善に効果のある治療がこちらです。